スタッフブログ

腰痛予防  腰の負担が一番大きいのは座る姿勢

投稿日:2016年8月31日 更新日:

みなさま、おはようございます!

沼津のストレッチサロン・ヨガスタジオ

Be-Studio沼津の引間です!

no-image

 

今回は、『腰痛予防 腰の負担が一番大きいのは座る姿勢』について紹介します。

「良い姿勢」というのは、骨と筋肉のいずれにも余分な負担がかからない状態です。

逆に「悪い姿勢」というのは、体の1ヶ所に大きな負担がかかり続ける姿勢です。

座る姿勢

上の図を見ると、座位が腰への負担が一番大きいことがわかりますが、

これは股関節が曲がり、腹筋がゆるむために、上半身の重さや動きを支えるための負担が、

腹筋以外の背中や腰の筋肉、背骨と椎間板にかかるからです。

さらに、腰部の背骨が前方に凸の湾曲をしやすくなるので、腰への負担はさらに大きくなります。

デスクでパソコン操作をし続ける作業が、いかに腰痛の原因になる姿勢であるかがわかります。

猫背

座る姿勢の基本は、背骨も首もしっかり伸びていることです。 また、「おへそから下を背骨に近づける」要領で、腹筋に力を入れることも大切です。

この姿勢をとるためには、股関節と膝頭が水平、もしくは股関節より膝頭がほんの少し高くなり、足の裏がしっかりと床についていることが望ましいです。

この基本姿勢は、ソファでくつろぐときや、車の運転をするときにもあてはまります。

座位の正しい姿勢

あごが前に出て、背中が丸く、下腹が出て、膝が曲がっているのが悪い立ち姿勢。

こんな姿勢では、腰痛だけではなく、肩こりや膝痛も引き起こします。

また、年齢より老けた印象を与えてしまいます。

良い立ち方とは、両足に均等に体重がかかり、背骨はまっすぐ上下に伸びて、

頭もまっすぐに支えられていることです。

正しく立つためには、足裏全体で床を踏みしめるようにします。

立つ・座る・歩くときの【軸】を意識していくことにより、不調がない身体を作ることができます。

まずは、軸をしっかり作るために筋肉に柔軟性をつけていきましょう!

=====================================

Be-Studio沼津

TEL:055-928-6633

http://be-studio.jp/

ストレッチトレーナー募集中!!経験不問。

ご興味のある方はお気軽にお問合せください!担当:嶺井まで

☆LINE@公式アカウント開設しました☆

友だち追加数

-スタッフブログ

Copyright© Be-Studio , 2018 All Rights Reserved